読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いもろぐ

思い立ったら書いていくスタイルで

第1回 日本Seleniumユーザーコミュニティ勉強会 感想

告知はこんなんでした。
http://kokucheese.com/event/index/117476/

(発表資料は公開されたらここにも追記します)

記念すべき第1回は、米Sauce Labs社CTOでSeleniumの生みの親でもあるJason Hugginsさんをお迎えして、最新のSeleniumについて勉強します。

ってことですよ。ナイスガイでした。

まず感想を。

これまで自分たちで出来る範囲でしか活用できておらず、 いやいや、もっといろんな活用方法があるよ、ってのを垣間見ました。 参加者の半分くらい(根拠無し)は開発者だった気がしますが、 初心者向けの話から深い話まで聞けた気がします。 非開発者の私でもいい刺激を受けました。

特に「これは!」と思ったネタランキング。

第一位:Jenkinsと連動

質疑で出た話。

Q:Selenium WebDriverでDailyテストしています。それをJenkinsと連携してレポートしたい。気をつけることは?
A:SeleniumのテストをJenkinsに出すにわたって、テスト結果をxUnit形式でXMLで出力できる。それをJenkinsに取り込む。

くらいしかメモれなかったのですが、その後のLTされて他人もJenkinsつかってあれこれやってますよって話。ちなみに私はJenkinsは開発者が使っているのを見たことしかないです。

Jenkins側にSeleniumプラグインが用意されてるみたい。

■SeleniumIDEを使ってる時

  • seleniumhq plugin
    IDEで作ったHTMLのテストケースを自動実行!

  • seleniumhtmlreport plugin
    なにするか忘れた。

■WebDriverを使ってる時はプラグイン不要
xUnit形式のテスト結果を生成すればいい xUnit形式でだすと、どのコミットで問題が起きたかわかる

SeleniumGridを使うと複数マシンで並列テストできる。

  • SeleniumPlugin
    中心のマシンとノード(どのブラウザか)
    jenkinsで一回設定すると、各マシンをノードとして扱える

Jenkinsおじさんに「定期的に、自動で実行して、テストに失敗したらアナウンスしてくれる」ようにしてもらおう!


第二位:Appium

できることはSeleniumと同じ。それのモバイル版。1年前にOSS化したようです。

URL: appium.io
日本語サイトもあったわ。http://appium.io/jp/index.html
Source: github.com/appium/appium

  1. スマホ上にあるブラウザ
  2. iPhoneAndroidのネイティブアプリ
  3. 2に組み込まれているブラウザ のテストが可能だそうです。

スマホのテスト、時間かかるもんねー。これは効率化したい。
1つのテストを書くとiOSAndroidのどっちでも動くらしいです。ステキ過ぎる。


第三位:記録ツールはIDEだけじゃない

記録再生ツールには * SeleniumIDE * SeleniumBuilder ←なにこれ

SeleniumBuilderってのがあるらしい。
SeleniumIDEとSeleniumBuilderの比較サイトがありました。
http://blog.trident-qa.com/2013/12/selenium-builder-vs-ide-1/
このサイトの○×△を見る限り、IDEで十分じゃないかなーとおもった。

Builderで可能で、IDEで不可能なこと

  1. 記録・再生開始時のCookie消去
  2. ブラウザ上で要素を選んで、操作対象を変更

1,2も使う可能性はあるけど、今のところIDEのほうが使い勝手がいいのかなー? (Builderを使ってみればいいのだがw)


小ネタ

誰かが言ってたネタ。
スクリーンショットGIFアニメで取得する!?」
アクション毎にスクリーンショットをとったら、どんな操作したのか動画でわかりそう。これ、おもしろい。


Selenium3が去年のクリスマスにリリースされるって話だったのにまだ出てないようです。
3ではPCブラウザにもモバイルにも対応、みたいのがウリだそうです。

あと、SeleniumWebDriverはW3Cのdraftになっているみたい。
ブラウザのベンダーがselenium対応をやってくれるようにする(W3Cで標準にすることで)のを狙ってるっぽい。
なにこれ、すごい。

ッて感じの勉強会でした。
運営の皆さん、Jason Hugginsさん、ありがとうございました。とっても刺激になりました、